FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
★全国健康保険協会 平成24年3月からの保険料アップ
★全国健康保険協会 平成24年3月からの保険料アップ

全国健康保険協会から、平成24年度の保険料率について以下のとおり発表がありました。

○都道府県単位保険料率

都道府県別の保険料については、一般の被保険者は平成24年5月1日に納付する保険料(3月分)以降、任意継続被保険者は4月分以降、全国平均で現在の9.50%から10.00%へ上がります。

○介護保険料率

40歳から64歳までの方(介護保険第2号被保険者)に対する介護保険料についても、1.51%から1.55%へ上がります。
都道府県単位保険料率
○参考URL(全国健康保険協会ホームページ)
http://www.kyoukaikenpo.or.jp/news/detail.1.92414.html
http://www.kyoukaikenpo.or.jp/8,0,131,712.html

世田谷の社会保険労務士 能登伸一事務所
スポンサーサイト
[2012/02/17 12:04] | 労務管理情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
★平成24年度の年金額は0.3%の引下げ
★平成24年度の年金額は0.3%の引下げ

総務省は1月27日、「平成23年度平均全国消費者物価指数」の対前年比変動率がマイナス0.3%となったことを発表しました。この内容を踏まえ、平成24年度の年金額は0.3%引き下げられます。


○年金額改定の仕組み(イメージ)

年金額改定の仕組み



○平成24年度の年金額の例

国民年金(老齢基礎年金満額の場合)

平成23年度(月額) 65,741円 ⇒ 平成24年度(月額) 65,541円 (▲200円)

厚生年金(夫婦2人分の老齢基礎年金を含む標準的な年金額)

平成23年度(月額) 231,648円 ⇒ 平成24年度(月額) 230,940円(▲708円)

※厚生年金は、夫が平均的収入(平均標準報酬36.0万円)で40年間就業し、妻がその期間全て専業主婦であった世帯が年金を受け取り始める場合の給付水準


○特例水準の解消について

現在支給されている年金は、平成12年度から14年度にかけて、物価下落にもかかわらず、特例法でマイナスの物価スライドを行わず年金額を据え置いたことなどにより、本来の年金額より2.5%高い水準(特例水準)で支払われています。
現在、この特例水準について、現役世代(将来、年金を受け取る人)の年金額の確保につなげるため、平成24年度から26年度までの3年間で解消することを検討しており、今年の通常国会に法案を提出することにしています。法案が成立すれば、平成24年度の年金額が、10月分が支払われる12月の支払から更に0.9%引き下がることになります。

○参考(厚生労働省ホームページ報道発表)
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000021a9c.html

世田谷の社会保険労務士 能登伸一事務所
[2012/01/31 12:49] | 労務管理情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
★【協会けんぽ】平成24年度の任意継続被保険者の標準報酬月額の上限について
★【協会けんぽ】平成24年度の任意継続被保険者の標準報酬月額の上限について


全国健康保険協会より、平成24年度の任意継続被保険者の標準報酬月額の上限が発表されました。


◯平成24年度の上限額

平成24年度の健康保険の任意継続被保険者の標準報酬月額の上限は、28万円となります。
(平成23年度と変更ありません)


◯任意継続被保険者の標準報酬月額の決定方法

協会けんぽの任意継続被保険者の標準報酬月額は、健康保険法により

① 資格を喪失した時の標準報酬月額
② 前年(1月から3月までの標準報酬月額については、前々年)の9月30日時点における全ての協会けんぽの被保険者の標準報酬月額の平均額

のどちらか少ない額と規定されています。

このため、毎年②の額が、任意継続被保険者の標準報酬月額の上限となります。
平成24年度は、引き続きこの上限額が28万円とされました。

◯参考(全国健康保険協会HP・お知らせ)
 http://www.kyoukaikenpo.or.jp/news/detail.1.91179.html

世田谷の社会保険労務士 能登伸一事務所
[2012/01/20 17:23] | 労務管理情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
★労働政策審議会建議「有期労働契約の在り方について」が公表されました。
★労働政策審議会建議「有期労働契約の在り方について」が公表されました。

厚生労働大臣の諮問機関である労働政策審議会は、12月26日、小宮山厚生労働大臣に、今後の「有期労働契約の在り方について」建議を行いました。この建議の内容を踏まえ、来年の通常国会において労働契約法などの関連法令について審議が行われることになります。

〇労働政策審議会建議「有期労働契約の在り方について」
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001z0zl-att/2r9852000001z112.pdf

〔一部抜粋・要旨〕

1.有期労働契約の長期にわたる反復・継続への対応

有期契約労働者の雇用の安定や有期労働契約の濫用的利用の抑制のため、有期労働契約が、同一の労働者と使用者との間で5年(利用可能期間)を超えて反復継続された場合には、労働者の申出により、期間の定めのない労働契約に転換させる仕組みを導入することが適当である。

尚、転換に際し、期間の定めを除く労働条件は、別段の定めのない限り従前と同一とする。

この場合、同一の労働者と使用者との間で、一定期間をおいて有期労働契約が再度締結された場合、反復継続された有期労働契約の期間の算定において、従前の有期労働契約と通算されないととなる期間(クーリング期間)を定めることとし、クーリング期間は、6月(ただし通算対象の有期労働契約が1年未満の場合にあっては、その2分の1に相当する期間)とすることが適当である。

2.「雇止め法理」の法定化

有期労働契約があたかも無期労働契約と実質的に異ならない状態で存在している場合、又は労働者においてその期間満了後も雇用関係が継続されるものと期待することに合理性が認められない場合には、客観的に合理的な理由を欠き社会通念上相当であると認められない雇止めについては、当該契約が更新されたものとして扱うものとした判例法理(雇止め判例法理)について、これを、より認識可能性の高いルールとすることにより、紛争を防止すうるため、その内容を制定法化し、明確を図ることが適用である。

3.期間の定めを理由とする不合理な処遇の解消

有期契約労働者の公正な処遇の実現に資するため、有期労働契約の内容である労働条件については、職務の内容や配置の変更の範囲等を考慮して、期間の定めを理由とする不合理なものと認められるものであってはならないこととすることが適用である。


〇建議を受けて

現在、経済的不況もあり非正規雇用者の割合が高い水準で推移していますが、会社側からの一方的な雇止めなど、増加するトラブルを抑制するため、大きな柱として①長期(5年以上)にわたり雇用するパート・アルバイト等を正社員へ転換する制度や、②雇止めに関するルールの法制化などが盛り込まれました。

来年の国会審議の経過を見守りつつも、介護業界を含めて有期労働契約者の登用率の高い業種については、今以上に労務に関するコンプライアンスを適正に運用できる仕組みを導入するとともに、今後の人材活用の仕方について再検討する必要がありそうです。
また、有期労働契約の比率が最も高い労働者派遣についても、今後どのような整備が行われるのか注目したいところです。

以上です。
新しい情報がありましたら、お知らせ致します。

世田谷の社会保険労務士 能登伸一事務所
[2011/12/28 22:12] | 労務管理情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
★平成24年度介護職員処遇改善交付金の交付申請
★平成24年度介護職員処遇改善交付金の交付申請(東京都)

【高齢者】

平成24年度の介護職員処遇改善交付金(高齢者・2月・3月サービス提供分)の交付申請の受け付けがスタートしています。

○締切日
平成24年1月16日までに申請した場合・・・平成24年5月に2ヶ月分まとめて支給
平成23年12月28日までに申請した場合・・・平成24年4月から各月支給

○キャリアパス要件の届出
平成22年度、23年度において「キャリアパス要件等に関する届出」を既に行っている場合、適合状況等に変更がなければ再度の届出は不要となっています。

【障害者】

平成24年度の処遇改善助成金の受け付けがスタートします。
本日(12月26日)中に東京都福祉保健局HP書式ライブラリにアップされる予定です。

○締切日
平成24年1月20日(金)まで ※2ヶ月分まとめて支給のみ

参考URL(東京都福祉保健局ホームページ)
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/index.html

世田谷の社会保険労務士 能登伸一事務所
[2011/12/26 11:30] | 労務管理情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。