FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
☆受験生さん向け 一般常識は広く浅くいきましょう!
★受験生さん向け 一般常識は広く浅くいきましょう!

受験生の皆さん、こんばんは!
随分と暖かくなってきましたねー。
昨日は19℃くらいまで気温が上がるといっていたので、コートなしで出かけましたが、風が強くてとっても寒かったです(^_^;)

総仕上げの大事な時期ですので、風邪をひかないように気をつけてください(^^)


★一般常識は「広く・浅く」がポイント

先発のクラスは、今週から一般常識に入りました。
最後の科目ですが、とにかくテキストが厚い(^_^;)

労働一般の講義では「労働法規」「労働経済」「労務管理」のうち、労働法規を中心に法令をひとつずつ学習していきます。
テキストには18法令が掲載されていますが、試験範囲となる法令は実のところもっとたくさんあるのです。
その中でも出題頻度の高い法令だけを掲載しているのですが、それでもかなりの量がありますね。。

教室でもお話しましたが、今までの科目とは違い、一般常識の法令は「広く・浅く」学習し、他の受験生が解答できる問題は必ず得点することが大事です。

また、主に次のポイントに注意をしながら復習していきましょう!

〇復習ポイント

・目的条文や基本的理念をおさえる
・「義務」「努力」「配慮」の入れ替えに注意する
・「指針」「方針」「届出」「報告」の名前をおさえる
・同じような項目は比較して違いを覚える

例えば…

再就職援助計画 vs 大量離職届
大量離職届 vs 多数離職届
求人の申し込み vs 求職の申し込み
有料職業紹介事業 vs 無料職業紹介事業
一般労働者派遣事業 vs 特定労働者派遣事業
高年齢者雇用状況報告 vs 障害者雇用状況報告
地域別最低賃金 vs 特定最低賃金
貯蓄金の保全措置 vs 退職手当の保全措置
自主的解決 vs 局長の援助 vs 紛争調整委員会の調停

とりあえず学習が終わった法令だけ記載してみましたが、大事な項目のほとんどが比較ですよね(^^)
お互いの特徴と何が異なるのかを答えられるようにしていきましょう!
※比較の表はレジメを参照してください。

細かいことが気になってしまうこともありますが、まずはテキスト・レジメの太字箇所と、過去問で出題されている論点にしぼって押さえていきましょう。


★あとひと踏ん張り!

この時期、焦る気持ちや不安がつのってきている方も多いのではと思います(^_^;)
しっかりと復習の時間がとれればいいのですが、なかなかそうもいかないですよね。。

そんな皆さんに、町田校の昨年のOB(合格者)の方から応援メッセージを頂いたので、是非ご紹介させてください(^^)


『この時期は、一通り講義が終わり、これから総復習&過去問をとにかく繰り返す時期でありながら、(先発クラスは)5月は講義がないため、孤独との戦いが待っています。

とにかく、ここから6月の法改正までの自習期間がすごく重要で、ここで一気に整理していけば、直前期に急激に成績が伸びる時期なので、ぜひ焦らず頑張ってください!

そして、この時期はできない問題があるほどラッキーであって、次回以降できるようにすればよいということもお伝えいただければと思います。

私はGWの時期から、過去問(TACの教材・スピードマスター・ツボ)を一通り解きまくっていましたが、全くできず、
不安でいっぱいでしたが、とにかくあきらめない気持ちだけは持ち続けていました。

そして、この時期にできない問題があることがよくて、論点整理ができる絶好の機会だったなと今思えてきます。』


ありがとうございましたm(__)m

それでは、引き続き頑張っていきましょう!
応援しています!

世田谷の社会保険労務士 能登伸一事務所
スポンサーサイト
[2012/03/31 19:26] | 2012年度社労士受講生さん向け | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
☆受験生さん向け 健康保険法の保険給付は基本事項からしっかりと!
★受験生さん向け 健康保険法の保険給付はしっかりおさえよう!

受験生のみなさん、こんばんは!

少しずつあたたかな陽気になってきましたね(^^)
その分花粉がすごいのでしょうが…私はおかげさまでまだ大丈夫です。

後発の渋谷校では、今日の健康保険法④⑤で基本的な保険給付をほとんど学習しました。
特に午後の『高額療養費』はなかなかの手ごわさでしたね(^_^;)


★保険給付は基本事項からしっかりと!

健康保険にはじまった話ではありませんが、保険給付は本試験でも毎回出題される重要項目です。
給付によっては細かい規定などもありますが、まずは基本的な項目からしっかりと整理していきましょう!

〇押さえたい基本項目

・誰に(支給対象者)
・どんなとき(支給要件)
・いくら(支給額)
・いつまで(支給期間)
・どのように(支払方法・請求方法)

給付のひとつずつにあてはめてみてみましょう。
誰かに説明ができるくらいに整理して押さえられると、理解度も高いですね!

例)家族療養費は誰が、どんなときに、誰に支払われるのか…

また細かい論点もたくさんありますが、本試験では基本事項を中心に出題されることを考えると、細部にこだわりすぎないこもと大切です。

例えば高額療養費…

確かに過去の本試験の選択式で計算過程における数字が出題されました。
でも計算の流れが理解できていなくても、高額療養費算定基準額の数字だけでもしっかりおさえていれば、何点かとれるような問題構成です。

ですので、講義で「押さえてください!」とお伝えしている数字から、焦らずひとつずつ取り組んでいきましょう!
本日ご紹介しました『語呂あわせ』もぜひ活用してみてください(^^)
また、高額療養費の計算過程の理解は、レジメの事例をぜひ参考にしてみてください。


過去の健康保険法の記事がありますので、こちらもご参考に!
http://srnoto.blog.fc2.com/blog-category-12.html


〇ちなみに…

我が家にはお魚がいるのです
なのであんな感じの語呂あわせになりましたー!
246も自宅から近いし(^_^;)
身近な話題から作っています。


年度末でお仕事も忙しい時期を迎えられている方が多いかと思いますが、ここは踏ん張りどころです。
お互い引き続き頑張っていきましょう! 応援しています!

世田谷の社会保険労務士 能登伸一事務所
[2012/03/25 19:41] | 2012年度社労士受講生さん向け | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
☆受験生さん向け いよいよ直前期も目前です!
★受験生さん向け いよいよ直前期も目前です!

受験生のみなさん、こんばんは!
毎日の復習・予習、お疲れさまですm(__)m

先発クラスは厚生年金保険法も中盤まできました。
老齢年金の総仕上げですね。

国民年金の老齢基礎年金の受給資格や特例を踏まえたうえで、本来の老齢厚生年金や特別支給の老齢厚生年金の学習を進めることになるのですが、ひとつひとつが複雑なので、なかなか頭に入ってこないですよね…(^_^;)

でも、最後は「こういう制度なんだし…」という割り切りが大切だったりします。
講義ではその条文の意味合いも説明していきますが、なかなか理解できなくても、まず次に進んでみることも必要です!

少しでも理解できるところから押さえていきましょう!


★老齢厚生年金の復習のポイント

〇本来の老齢厚生年金

〔年金額〕
・総報酬制前・後の年金計算式の比較
・年金額計算の乗率の読み替えが行われる生年月日
・年金額計算に使う再評価率
・定額部分の被保険者期間の上限

〔加給年金〕
・加給年金の対象者
・加給年金の支給要件をみるタイミング

〔在職老齢年金(高在老)〕
・基本月額・総報酬月額相当額の求め方
・支給停止調整額の金額
・年金全部が停止するときの加給年金の扱い

〔老齢厚生年金の繰上げ・繰下げ〕
・対象者の生年月日
・受給権発生日はいつか
・減額率・増額率
・繰上げ・繰下げしたときの加給年金の支給開始時期

〇特別支給の老齢厚生年金

〔支給年齢〕
・報酬比例部分・定額部分の支給開始年齢(生年月日)
・長期加入・障害者の特例の比較(対象者・請求の有無など)

〔在職老齢年金(低在老)〕
・支給停止調整開始額・支給停止調整変更額の金額
・支給停止額の算出計算式
・年金全部が停止するときの加給年金の扱い

〔基本手当との調整〕
・調整対象期間はいつか(求職の申し込みをしたらいつからか)
・雇用保険の厚生年金のどちらで調整が行われるのか
・事後清算の仕組みと、計算過程における端数処理

〔雇用継続給付との調整〕
・支給15:停止6の考え方
・雇用保険と厚生年金のどちらで調整が行われるのか

〔繰上げ支給の老齢基礎年金との調整〕
・生年月日に応じて、どんな繰上げ(全部・一部)が選択できるのか
・老齢基礎年金を繰上げた時の定額部分の扱い

〔老齢厚生年金の繰上げ(原則・特例)〕
・適用される在職老齢年金の種類

書いてみたら、ほとんどでした(^_^;)
焦らずにひとつずつ押さえていきましょう!


★直前期の学習について

各校舎に「直前対策(オプション)講座」のパンフレットが入荷されました。

直前期の学習は、試験の得点に直結です。
現在の自分の学習進捗・理解度を冷静に分析して、オプション講座をぜひ有効に活用してください!

〇過去問でステップアップゼミ(☆)

特に先発のクラスの方におススメな講座です。
講義編が終わり、実力完成編がスタートするまで1ヶ月の空白があります。
この1ヶ月が大切。すごく伸びる方もいれば、なかには中だるみしてしまう方も…。

実力完成答練に入る前に、過去問はしっかりと身につけて置きたいのですが、「なかなか過去問に挑戦できていない…」という方で「カリキュラムがあった方が学習計画が立てやすい」ということであれば、とてもいいと思います。

〇横断セミナー(☆)

各科目の共通点や、比較しておさえたいポイントをまとめて学習していきます。
講義編が終わり、全体的なおさらいをしたい方、科目がごちゃごちゃになってしまっている方にはとてもいいですね。
ですが、科目ごとにある程度の復習が終わっていないと何がなんだかわからなくなってしまいますので、復習総仕上げツールのひとつとして考えてみてください。

〇一般常識セミナー(☆☆)

これは是非受講したいです!
なかなか最新の統計数値を自己学習するのは難しいですからね…。

その他にもいくつかオプションセミナーが開催されます。
「お金」も「時間」もかかります(^_^;)
よく検討してみてください。
また、受けるからには必ず得点につなげていきましょう!

どんなオプションを受けたらいいか悩んでしまうようでしたら、ぜひ教室で声をかけてください(^_^)/
また、開催スケジュールだけは先に確認をしておいてくださいね!


★今日は…

今日は東京都社会保険労務士会の山手統括支部が主催する「実務修習研修」が行われました。
「社労士の試験に合格したので開業してみたものの、実務経験が少なくて手続きが不安…」といった先生方を対象に、実務上のポイントや手続書類の書き方まで、事例検討をしていく研修です。
全12回開催されるのですが、本日は「雇用保険の適用実務」で、私が担当講師でした(^_^;)

約70名の先生方が参加されて、会社の設立から廃止、被保険者の取得から喪失、変更など、実際に企業から依頼される内容についての実務とポイントなどをお話ししました。

とってもとっても準備が大変だったのですが、資料準備の過程で勉強になったことも多く、何より無事に終わってホッとしているところです(^_^;)

研修の最後に「社労士を目指して必死に頑張っている方がたくさんおられるので、せっかく取得されたライセンスをぜひ最大限に活用してください!」とお話しさせていただきました。

資格を取得するのも大変ですが、活かすのもまた大変なのです…。
それでも社労士ライセンスは、必ず受験生の皆さんの味方になってくれるものと信じています!(^_^)


それでは、引き続き頑張っていきましょう!
応援しています!

世田谷の社会保険労務士 能登伸一事務所
[2012/03/14 18:35] | 2012年度社労士受講生さん向け | トラックバック(0) | コメント(7) | page top
☆受験生さん向け いよいよ3月も半ばです!
★受験生さん向け いよいよ3月も半ばです!

受験生の皆さん、こんばんは!
少しずつですが、暖かくなってきましたね(^^)

かわりに花粉が飛び始めたようで、マスクの方が目立つようになってきました。
アタマがぼーっとしてしまうので、受験生にとってはつらいですね…
わたしは花粉症ではないのですが、それでも何だか目が重い気がします。
対策をしっかりしながら、乗り切っていきましょう!


★先発クラスは厚生年金保険に突入!

水道橋校、町田校の先発クラスは、いよいよ厚生年金保険に入ります。
国民年金と一体的に理解をしていく年金科目の総仕上げです。

この厚生年金保険ですが、適用事業所や標準報酬月額に関する前半戦は、健康保険で学習したことがたくさん出てきて、比較できるかが重要なポイントになります。

また年金給付に入ると、老齢・障害・死亡に関する給付すべてで国民年金の給付と比較しながら進んでいきます。
ということは、既に終わった「健康保険法」「国民年金法」の理解と復習が、厚生年金保険を攻略する鍵といえそうですね。

講義の中でも、「あの法律ではこうでしたね!」とお話ししていきますので、その場でアタマに浮かばなくても、復習の際に必ず戻って確認するようにしていきましょう!

なお、実力テスト③の結果はあまり気にしないように(^_^;)
復習中心に前向きに行きましょう!


★後発クラスは実力テスト②

後発の渋谷校では、日曜日に実力テスト②があります。
今週はテストに向けて雇用保険法・徴収法・安全衛生法の総仕上げですね!

雇用保険の給付や、徴収法の料率・事業規模などでは、細かい数字がたくさん出てきましたね。
なかなか覚えきれなと思いますが、全国の受験生はアタマに詰め込んでくると思ってください。
とても大切なものが多いので焦らず、じっくり押さえていきましょう!

日曜日は、そのまま午後に健康保険法に入ります。
ここからはあっという間に一般常識までいってしまいます。
そうすると労働保険を復習する時間がなかなか取れなくなってきますので、今のこの学習時間を大切に取り組んでいきましょう!


★大変なときだからこそ…

厚生年金法の「老齢厚生年金」といえば、昨年の3月を思い出します。
震災が発生したのが金曜日。
その後の講義はしばらくの間、休講となりました。

ちょうど休講になったのが「老齢厚生年金」の2コマです。
いたしかたないことですが、とっても大事な学習箇所でしたので、受講生の皆さんも取り返すのが大変だったと思います。
講義が再開してからの2週間は、通常の講義をしつつ、受講生さんも私も、休講分を取り戻すのに必死でした。

当時の受講生の皆さんとは、「大変なときだからこそ、頑張ってやりきろう!」と決意しました。
本当に、皆さんよく頑張られたと思います。

今年もまだまだ大変な状況は続いています。経済情勢も厳しいです。個人的な問題を抱えておられる方も多くおられます。
そんな大変な時だからこそ、あえて一緒に頑張って、社労士試験の合格を勝ち取っていきたいと思っています。

皆さんと基礎講義を学習できるのもあと少し。
毎日を大切に、一緒に頑張っていきましょう!(^_^)/
応援しています!

※これから水道橋の講義です!
 明日(金曜日)は、町田校の午前中のクラスで代講担当になりましたー。

世田谷の社会保険労務士 能登伸一事務所
[2012/03/08 18:43] | 2012年度社労士受講生さん向け | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。